カテゴリー
PC・パソコン スマホ・携帯 仕事・ビジネス 資格・スキル

P検を受けよう!タイピング練習と2級/3級/4級模擬試験《無料》はこちら。

「P検」を受講する方予定の方、タイピング練習中の方、またはP検に興味があり受けてみようか検討している方へ、P検に関する最新情報をお伝えします。
 

スポンサーリンク


 
《P検とは?》

正式名は「ICTプロフィシエンシー検定試験」といい、パソコンの知識や総合的なICT(情報通信技術)活用能力を問う検定試験、資格です。

P検定の運営は、「ICTプロフィシエンシー検定協会(P検協会)が主催しています。こちらは教育関連企業の「ベネッセコーポレーション」が実施・運営を行なっています。

《P検の正式名称》

略称は「P検(ぴーけん)」と呼ばれています。正式名称は、「ICTプロフィシエンシー検定試験」です。

2012年4月以前は「パソコン検定試験」と呼ばれていました。

 

《P検の「級」について》

P検には、1級から2級・準2級・3級・4級・5級(WEB試験)の階級に分かれています。

また、「P検アプリ」には準2級・3級・4級があります。P検アプリは、本試験に準じた「ワープロ」と「表計算」だけの実技試験の内容になっています。

 

《P検の受験方法》

P検の受験は、「PASS認定校」という認定試験会場で行います。受験日は会場により異なります。

申し込みするには、ま受験会場を決定し、予約の申し込みをします(メール・電話)、日時を決定します。

認定試験会場の検索は、P検公式サイトの「試験会場(PASS認定校)」検索で調べられます。
http://pken-kaijo.benesse.ne.jp/

 

《P検の受講料は?》

P検の受講料(試験の代金)は、級別および一般(社会人・大学生)か学生(高校生以下)によって違います。学生は学割価格になっています。

一般は、1級が10,000円から4級が3,000円です。学生は、2級が4,100円から4級が1,500円です。

受講料の詳細は、P検の公式ページで確認してください。
http://www.pken.com/examination/price.html

※受講料の支払いは、試験当日に持参して支払いとなります。
 

スポンサーリンク



 
《P検受験の方法(試験当日)》

試験当日になりましたら、決められて日時に会場へ向かいます。

持参するものは、「顔写真付き身分証明書」(運転免許証やパスポートなど)と、受験料(受講する級や社会人・学生により異なる)を忘れずに持っていきます。

 

《P検の受験発表・合否の結果》

P検を受験後には、すぐに合否の判定が出ます。合否の通知は1週間以内に発送されます。

ただし、1・2級は後日の判定となり、2週間後に発送されてきます。

 

【P検のタイピング練習(無料)】

 

P検を受講する前に、まずはタイピング練習で正確に早くタイピングするスキルをつけましょう。

タイピング練習には、P検の公式サイトで「無料」でできるタイピング練習がおすすめです。

P検「無料タイピング練習」
http://www.pken.com/tool/typing.html

「インターネット版(ソーシャル対応)」「インターネット(ソーシャル非対応)」「ダウンロード版」があります。

インターネットに快適につながる環境なら「インターネット版」を利用しましょう。ネットの繋がらない場所で練習するには、「ダウンロード版」が便利です。

ソーシャル対応とは、Twitter、FacebookといったSNSへ投稿できる機能があります。
アクセスするだけですぐに利用できます。
 

スポンサーリンク


 
《タイピング練習の内容》

P検の無料タイピング練習には、数種類のプログラムがあります。

まず、初心者向けの「ホームポジション」「日本語入力」「英語入力」で正確な指使いの気温を学びます。

「国語問題」と「「英語問題」「英語ことわざ」で練習を重ねましょう。さらに「モラル・パソコン用語」ではタイピングしながらパソコン用語の勉強にもなります。

P検を受講しない方でも、タイピングの練習に非常に役立ちますので挑戦してみて下さい。

 

【試験に備えて「無料模擬試験にチャレンジしよう!】

タイピング練習が進んだら、実際の試験を想定して「模擬試験」を受けてみましょう。

 

模擬試験の問題は、1級から4級まで級別に3パターン(3回分)用意されています。

プログラムをダウンロードして利用しますで、受講する級のファイルをダウンロードして利用します。

P検の模擬試験は全て無料ですし、ダウンロードして何度も挑戦できるので受験対策にとても役立ちます。

 

模擬試験問題のダウンロードや利用方法の詳細はこちらです。

「P検(2017)無料模擬試験」
http://www.pken.com/tool/moshi.html

カテゴリー
PC・パソコン インターネット

セーフモード起動と解除の正しい方法(windows10・スマホ)

セーフモードとは?

セーフモードはOSの特殊な起動方法の名称です。OSとはオペレーション・システムの略称でwindowsやMac、Androidはそれぞれ独自のOSを搭載しています。

パソコンに電源を入れた時、何らかの原因で正常に起動しない場合に、その原因を究明するための手段としてセーフモードを利用します。

 

正常に起動しない原因は多数考えられますが、後からインストールされたプログラムやウィルス、各種スパイウェアやマルウェアに侵されている場合もあるので、これらの機能が働かないようにセーフモードを利用するのです。

セーフモードは最低限必要な機能のみを使用してパソコンを立ち上げるので、原因究明が容易になります。パソコンが修復出来たらセーフモードを解除し、通常の状態に戻します。

 

Windows10 セーフモードで起動する方法

では、実際にセーフモードで起動する手順をご紹介します。ここではデスクトップ画面まで表示されているwindows10を例にとって説明します。

 

まず左下のスタートメニューをクリックします。次にキーボードの「Shift」キーを押しながら「再起動」をクリックします。すると「オプションの選択」というメニューが表示されるので、そこで「トラブルシューティング」を選択しましょう。

さらに「詳細オプション」をクリックし、「スタートアプ設定」をクリックします。すると各種の設定の選択肢が出現するので、4番の「セーフモードを有効にする」をファンクションキーで選びましょう。キーボード上部にある「F4」がそれに該当します。

その後windows10にログインすれば、セーフモードでの立ち上げが完了した事になります。成功している場合、画面下部のwindowsロゴの上に「セーフモード」という表記がされているはずです。

 

他にも「シャットダウンコマンド」もしくは「システム構成ユーティリティ」を利用する方法もありますが、コマンドを入力する必要がある為、ある程度パソコンに詳しい方以外は利用しない方が良いでしょう。
 

スポンサーリンク


 

Wndows10 セーフモードを解除する方法

次はセーフモードを解除する方法です。こちらもwindows10で説明します。

上記で説明した方法や「設定画面」からセーフモードを起動した場合は特別な手順を使わずに再起動するだけで通常の状態に戻ります。この段階で、セーフモードは解除されていますので、特に何もする必要はありません。

 

ただし、コマンド入力でセーフモードを起動した場合、再起動だけでは解除されません。まず画面左下のスタートアップメニューを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

ポップアップで入力画面が出てくるので、名前の所に「msconfig」と半角英字で入力し、OKをクリックします。すると「システム構成」の画面が現れるので、「ブート」のタブを選び、「ブートオプション」の中にある「セーフブート」のチェックをクリックして外します。

チェックマークが消えているのを確認したら「OK」を押し、次に現れる「システム構成」の画面で「再起動」をクリックします。これでセーフモードは解除されます。

 

ではパソコン以外の製品であるスマホやタブレット、iphoneやAndroidにもOSは搭載されているのでしょうか。そしてセーフモードは存在するのでしょうか。

 

スマホ・タブレットのセーフモード

パソコン用のOSとは若干設計が異なりますが、iphoneやAndroid端末などに代表されるスマホやタブレットにもOSは搭載されています。そしてこれらの機器にもセーフモードは存在します。

ここではAndroidのOSを使用したスマホを例にとって説明します。セーフモードの設定は電源ボタンを長押しして「再起動」をタッチし続けます。

そこで「再起動してセーフモードに変更」という表示が出たら「OK」をタップするという流れです。成功するとパソコンで起動した時と同じく画面下に「セーフモード」という表示が出ます。

 

スマホのセーフモードを解除したい場合は、電源キーを押して再起動しましょう。基本的に「長押し」の動作がポイントになるので、パソコンよりは簡単です。