カテゴリー
インターネット ツール・アプリ

【文字数カウント】文書の文字を数えたいときに便利なサービス3選

文字数をカウントしたい時


パソコンやスマホで入力した文章を、何文字あるか数えたいときがありますよね?
いちいち目で追って数ぞえていたら、時間も手間も大変です・・・。

そこで便利なのが、「文字数カウンター」。ウェブサイト上に対象の文書をコピーするだけで、文字数や行数を瞬時に計測してくれる便利なサービスです。

今では、いろいろな運営者が無料で利用できるサイトを公開してくれています。文字数カウントの利用で、大量な文章や文字の数を計算することが可能になりました。
 

スポンサーリンク


 

こんなときに便利、文字数カウントのサービス

・レポートや報告書の作成
・字数制限のある文書を提出する
・Twitter(ツイッター)投稿(1ツイート140文字まで)
・ウェブサイトのコンテンツ作成
・ライターの仕事で納品物のチェック

 

ちなみに、原稿用紙は400文字ですので、文字数を計り「原稿用紙○○枚分」という表現をすることができます。

 

【文字数カウンター(無料)のサービス3選】

無料で利用できる文字数を数えるサービス(サイト)をご紹介します。利用方法は非常に簡単で、上部の窓部分に検索したい文書をペースト、「文字数を数える」のボタンを押すだけです。

 

☆【文字数】カウント

「文字数カウント」とグーグル検索すると最初にでてきるサイトです。文字数(スペース込みor無視)だけでなく、行数や段落数も計算してくれます。再度検索するとくはクリアを押すと初期状態に戻ります。

 

☆文字数カウント(SundryStreet)

とてもシンプルな文字数カウントのサイト。字数のほかバイト数(UTF-16、Shift-JIS、EUC-JP)も細かく計測できる。

 

☆文字数(バイト数)カウント(LUFTTOOLS)

テキストフィールドにコピペしてカウントボタンを押すだけ。全角=2バイト、半角=1バイトで計算したバイト数、全角・半角を1文字とした数、全角1文字、半角=0.5文字とした数など詳しく計算される。

 

評判の良い文字数カウントのサービスを3つご紹介しました。
使いやすいサイトを1つブックマークしておくと、利用の際に便利ですね。

 

excel(エクセル)文字数カウントの裏ワザ

マイクロソフトのエクセルでは、セル内の文字数を計算する関数があります。

LEN関数といい、数式バーに「=LEN(cell)」と入力することで文字数をチェックできます。

ただし、関数を入力っするのが面倒、エクセルの関数が苦手、という場合は、文字をコピーして、文字数カウントを使うのが便利でしょう。

 

word(ワード)の文字数カウントの裏ワザ

Microsoftのword(ワード)には、ページの文字数をカウントする機能があります。

数えたいページを表示し、ツールバーの「校閲」タブで「文章校正」に文字数カウントの項目があります。こちらを押すと、ページ数や単語数、文字数、段落、行数などがチェックできます。

 

カテゴリー
スポーツ・運動 プロ野球

交流戦(プロ野球セ・パ交流戦)順位や速報結果が気になる!

交流戦速報・結果

プロ野球交流戦の速報は、yahoo!のスポーツナビサイトでや1球ごとの結果を見ることができるほか、交流戦の公式ページでも対戦成績や順位表をチェックできます。スマホで見る場合は、「プロ野球速報」というスポーツナビのアプリが人気です。

☆Yahoo!スポーツナビ https://baseball.yahoo.co.jp/npb/

交流戦の順位表

プロ野球交流戦の順位表は、ヤフーのスポーツナビのサイトに詳しく書いてあります。
12球団の順位表、対戦成績などは、ヤフー・スポーツナビが便利です。その他、日刊スポーツや読売新聞、各チームの公式ホームページでも成績が確認できます。

 

☆日刊スポーツ:https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/

☆読売新聞交流戦:http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/exchange_game/

 

スポンサーリンク




 
 

2017年交流戦の日程

セ・パ交流戦の日程は、NPB(日本野球機構)のホームページに日程詳細がありますのでご覧ください。カレンダー表示、毎日の対戦成績など。個人打撃成績、個人投手成績などもご覧いただけます。

☆日本生命セ・パ交流戦2017公式ページ:https://cepa-playdream.jp/

 

プロ交流戦とは?

プロ野球のセ・パ交流戦(セ・パこうりゅうせん)は、日本野球機構(NPB)のセントラル・リーグとパシフィック・リーグとの間で行われるインターリーグです。

日本プロ野球は1950年の2リーグ分立以来、一貫して同一リーグ内でレギュラーシーズンを消化してきたが、2005年から交流戦の導入を決めた。

毎年、ゴールデンウイーク明けの5月半ばから約6週間にわたって開催されます。1チームは別リーグの6球団と各3試合、合計18試合を行います。

セリーグの主催試合ではDH(指名打者制)はなし、パの主催ゲームに限定して指名打者制を採用します。

2016年の対戦成績

昨年(2016年)の対戦成績は、パ・リーグの60勝47敗1分け。優勝は福岡ソフトバンクホークス、最優秀選手(MVP)は城所龍磨(福岡ソフトバンクホークス)が選ばれた。

交流戦の話題

セ・パ交流戦といえば、パ・リーグが強く、セリーグが弱いと言われます。通算の対戦成を見ても、パ・リーグの925勝に対し、セリーグは821勝と大差をつけています(54引き分け)。優勝チームも、パ・リーグの10回に対して、セリーグは2012年と2014年の巨人が2度優勝しただけです。

チーム別では、福岡ソフトバンクホークスが毎年好成績を上げていることが特徴的です。一方、横浜DeNAベイスターズは交流戦を苦手としていて、シーズン成績に大きく影響しています。